愛すべき日本の家



日本の美の原点、「大和比」。



私たち日本人が強く惹かれる美しさには、訳がありました。



エジプトのピラミッドや古代ギリシャのパルテノン神殿に使われた黄金比と並んで、
最も美しく安定した形を生み出すと言われる比率、白銀比です。

奈良の法隆寺や大阪の四天王寺の伽藍、金堂など、古くから日本の建築や彫刻、
生け花などに用いられてきた比率で、「大和比」とも呼ばれています。

そして、この日本人の心に沁みついた美意識は、きっと住まい創りにも活かすことができると、
私たちは考えたのです。



平屋でもない、二階建てでもない「遺す」ための住まいの形。



「大和比」から生まれた切妻の端正な外観は、日本古来の伝統美。


そして歳を重ねるほどに、その平屋造りの美しさに惹かれるようになるのは、
私たち日本人に共通する感覚なのかもしれません。

カーサアマーレは、この穏やかな美しさのバランスを損なうことなく、
間取りの変更も可能な二階建ての住まいを実現しました。

普段の生活に必要な機能は一階部分にコンパクトにまとめ、
来客や、収納、あるいは趣味のためのスペースとして二階も楽しむ。

しかも、必要なときになったら間取りも変えることができるという、
次の世代の使い勝手までを考えた、新しい提案です。




家の健康は、あなたの快適につながっている。


安全な部材。
堅牢な造り。
そして美しいデザイン。


そこに暮らす人を優しく包んでくれる家は、
まず、家そのものが健康でなければなりません。
選び抜いた素材だけが、その課題を解決します。





快適に暮らすためのデザイン


窓は、内障子とペアガラス


外光を柔らかく取り込む内障子は、日本の建築文化の象徴とも言える内装デザインですが、
実は、その日本的な情緒性以上に優れた断熱性も発揮します。
22mmのペアガラスと組み合わせることで、インテリアとしての美しさと高断熱を同時に実現します。



天井は、空間を広げる屋根パネル


天井部分には、断熱材を組み込んで一体化した屋根パネルを独自に開発。
部材の機密性を高めることで断熱性能を高め、さらに施工性も向上させることに成功しました。
スッキリとした屋根裏は、美しさと使いやすさが両立した新しい生活空間を生み出します。



床材は、30mm厚の杉の無垢板


材質が柔らかく保温性や調湿性にも優れた杉材は、建築材料の定番。

30mm厚の無垢板は、素足で歩くとその柔らかさを実感して頂けます。
また、最近では、その殺菌能力や脱臭能力から、
シックハウス症候群などにも無縁の健康建材として注目されています。




内壁は、呼吸する最新素材「モイス」


「モイス」は、バーミキュライトと珪藻土などの天然素材からできた多孔質の内装材。
室内の湿度が高くなると湿気を吸収、湿度が低くなると湿気を放出して湿度を調整し、
カビやダニの発生を抑えるばかりでなく、化学物質吸着機能や消臭機能できれいな空気を作ります。




casa amare


外観

無駄のない端正なフォルムは、景色の一部となってとけ込みます。

空間

伸びやかにつながる吹き抜けが、適度に人の気配を伝えます。


内装

最新の設備が、毎日の暮らしをひときわ快適にしてくれます。